お問い合わせ

活動内容

弁護士、常駐スタッフ、医療や福祉、心理の専門家が連携して支援にあたります

入居した子どもたちには、シェルターのスタッフやボランティアはもちろん、ひとりひとりに担当の弁護士がつき、その子が抱える問題に対応します。
医療、福祉、教育、就労などさまざまな関係機関と連携し、子どもたちが自立に向けて進み出す手助けをします。

  • 児童相談所との連携・情報共有
  • カウンセリングなどによる心のケア
  • 妊産婦の支援
  • シェルター退所後の居場所探し
  • 家族や親族、協力者などとの連絡
  • 就学や就労のサポート
  • 生活資金援助の申請